gibber jabber from the Primo Team

Tags


起業家必見! SNS広告で EC ストアへ誘導せずに、購入へと導く方法とは?

21st November 2016

他のメディアと比較し、少額から配信できて少ない予算で多くの人に情報を届けられる Facebook 広告。 広告メニューやブランドの認知度、広告のクオリティーによっても差はありますが、1万円で約5000人〜10,000人にリーチできます。 他のどのメディアの広告よりもターゲティングを細かく設定できるので、少ない予算でもピンポイントで狙ったユーザーに情報を届けられるので起業家の方におすすめのマーケティング手法です!

Facebook の国内の月間アクティブユーザー数は約2,600万人で、他の SNS と比較し幅広い年代で使用されています。また、シェアボタンがあるため情報が拡散しやすいのも特徴です。



というわけで、今回は Facebook 広告の配信方法と PRIMO タグを使った購入訴求方法をご紹介いたします。

PRIMO タグを使えば、EC サイトへ誘導せずにその場で購入画面へ導けるように

活用方法は下記のように Facebook に PRIMO タグを投稿するのみ。ユーザーはこの QR コードを読み込み、その場でアイテムを購入できるんです!

この投稿のように製品画像内に QR コードを入れて1枚で投稿しても、別々の製品画像と QR コードの画像を複数枚で投稿しても綺麗です。 投稿形式をアレンジして、カタログのように製品の詳細を Facebook 内で紹介できます。

PRIMO タグを使用すれば、ウェブサイト誘導広告を実施して、オンラインストアへユーザーを誘導する必要はなくなります。投稿の宣伝を目的とする広告は、ウェブサイト誘導広告よりも多くのユーザーにリーチしやすいため、購買率も上がりそうです!

Facebook ではシェアボタンのほかに、ユーザーが「いいね!」した投稿をその友人のニュースフィード上で「〇〇さんが〇〇の投稿にいいね!しています」といったように、すすめてくれるので自然と投稿が拡散されていく可能性がとても高いのです。
なので1人のユーザーが製品を購入したら、その友人や家族も購入なんてこともありそうですね!

あなたのビジネスの目的に合わせて広告を最適化

製品画像と PRIMO タグを投稿したら、その投稿をブーストしましょう!

Facebook 広告を設定するには、まず広告マネージャにアクセスします。広告マネージャとは広告を管理するページのことです。このページでは広告の作成のほか、予算の消化状況やパフォーマンスをチェックできます。ビジネスアカウントを所有していれば、誰でもアクセスできます。

手順は以下の通り。

1 まず下記のように、「広告を作成」をクリックします。

2 すると下記の画面に移動するので、キャンペーンの目的を10の中から選びます。 ここでは、画像内4の「エンゲージメント」について詳しく紹介したいと思います。 「エンゲージメント」とは、既存の投稿に対して「いいね!」、コメント、シェア、画像クリックを含むエンゲージメント数を獲得するためのものです。

3 目的をクリックすると下記のようにキャンペーン名を設定する画面が表示されるので、キャンペーン名を決めて、「次へ」をクリック。 4, 次にターゲットを設定します。ターゲットの項目は主に以下の10種類。

・地域:国、都道府県、市区町村

・年齢:18-65歳

・性別

・言語

・交際ステータス

・教育:卒業、在籍校、学歴、専攻

・興味・関心:好きなページ(競合ブランドなど)、好きなもの(ファッション、時計、映画など)

・カスタムオーディエンス(企業の顧客データと合致するユーザー)

・類似オーディエンス(自分のページにいいね!しているファンと似ているユーザー)

・リターゲティング:動画広告の視聴者など

特定の興味・関心項目や特定のページに「いいね!」しているユーザーを除外して配信することも可能です。

ターゲット数は以下の写真の右側に表示されている「潜在リーチ数」で確認できます。予算の5倍〜10倍程が最適なターゲット数になります。

5 そして、画面をスクロールして広告が表示される配置と予算を設定します。

配置は、Facebook側でパフォーマンスが高くなりそうな場所で自動的に配信をしてくれる「自動配置」か自分で配信場所を選ぶこともできます。自分で選ぶ場合は Facebook、Instagram、オーディエンスネットワーク(Facebook のパートナーアプリ)の中から選べます。

予算は、1日の消化金額を指定するか、キャンペーン期間内に予算の全額を消化する「通算予算」設定があります。1日の消化金額が決まっていない場合は「通算予算」設定の方がパフォーマンスが良いため、基本的に「通算予算」を選ぶのがおすすめです。

あとは期間を入力して、「次へ」を押して次のページへ。

6 このページでは、広告配信する投稿を設定します。 下記のように既存の投稿をクリックしページ名と投稿を選び、「注文を確定する」を押せば広告設定完了です!

以上が広告設定の流れになりますが、いかがでしたでしょうか? 思っていた以上に簡単だったという方も多いのでは?

この機会に PRIMO タグを使って、Facebook 広告を実施してみては。

PRIMO のお申し込みはこちらから:https://primo.im/for/merchant/
PRIMO アプリのダウンロードはこちら: iOS / アンドロイド



abasa
AUTHOR

abasa

View Comments